ご使用方法

忙しい朝も、酔っぱらって帰ってきた夜も時短ケアで完璧

朝と晩の洗顔後の清潔なお肌に使います。

朝は1プッシュ~1.5プッシュ、夜は2プッシュ~マッサージしながら、滑りが悪くなったら足して使ってください。

化粧水、乳液は不要です。 クリームやオイル系のものも不要ですが、お手持ちのもので、お好みで使いたい場合は、DDmoreの後に重ねて使っても大丈夫

DDmoreオリジナル毎日3分の若肌マッサージ方法

STEP1

手
1

DDmoreを1プッシュ手のひらにとります。

お顔の中心から外側に向かってお顔全体にむらなく塗布します。

【point】このとき肌摩擦をしないように、お顔の皮膚が引っ張られて動かないようにやさしく塗り広げます。(お肌の乾燥が進んでいると1プッシュで滑らなくなることがあります。そのときは1プッシュ足してください。)

両ての指先がお顔から離れていたら、指に力が入っているサインなので、NG 指の力は抜いて包み込むように優しくがポイント!

STEP2

d
3 (2)
41

肌くすみを取るために首元のリンパを流します。

まずは耳下腺から鎖骨へ。耳をふさぐように手を置き、耳の上から首筋を通って鎖骨までやさしく流します。首の前からはアゴの下に向かって、下から上に両手を交互に使って流します。

【point】

力は入れなくてOK。やさしく2~3回繰り返します。首元のリンパが流れるとお顔のツヤが出てきます。老廃物の通り道をしっかり流すことで、DDmoreの美容成分がお顔の隅々に行き渡ります。

痛気持ちい感じがしたら、リンパが詰まっているのかもしれません

何回か繰り返してみましょう。

STEP3

31
32
33

眉の凝りをとれば、おめ目パッチリ。目尻のしわやクマをとります。

眉の部位の凝りをとれば目もパッチリ 目尻のしわやクマをとります。

眉のコリをとります。 親指と人差し指ではさむようにつまんで凝りをほぐします。 眉頭 眉山 眉尻と 3ヶ所指をづらしてつまんでいきます。爪を立てないように気を付けて!

【Point】

コリコリした感じや、ぶよぶよした感じが指から伝わってくるのが凝りです。 上手く掴めないときは、親指で指圧でも大丈夫。

目頭から目尻方向に動かしながら3ヶ所プッシュします。

STEP4

6
7
8

にゃんこの手で指圧。血行促進 ツヤ肌へ

頬骨からこめかみへ手のひらのふくらみをつかってマッサージします。

手をかるくグーのカタチ(にゃんこの手のマネをイメージするとチカラが抜けるので)にして、

頬骨からこめかみへは引き上げるように

眉の上から額を髪の毛の生え際の上まで引き上げるように動かします。美容液でをすべらすように数回繰り返します。滑りが悪かったら美容液を足してください。

【point1】

手のひらの親指の付け根のふくらみのところ(母指球と呼ばれるところ)を使います。指先の圧よりも大きな面での圧がかかって簡単です。力をいれずに、かるくグーの手をするのがポイント。 最後に手のひら全体でやさしく数回押さえてなじませます。
高濃度に配合されているヒアルロン酸の特徴でお肌がペタペタしてきます、時間の経過でペタペタは無くなってきます。

【point2】

メイクアップはDDmoreがしっかりお肌に馴染んでから始めてください。

夜はそのままお休みください。お手持ちのナイトクリーム等を使いたい場合は美容液の後に使ってもOK

メイクアップ時のポイント

潤いと、ハリを感じたらお肌が整ったサインです。

STEP1 から3の工程後2~3分放置するとお肌がピンと張ったような感覚になります。

お肌がつっぱる!?と感じるかもしれませんが、これはエッセンスがお肌にしっかりと馴染んで肌表面に見えない保湿ベールが膜をつくっている証拠。このバリア機能が美容成分を逃がさず、しっかりと閉じ込めて、外気からの有害物質からお肌を守ってくれています。

肌表面が馴染んでサラッとしてきたらメイクアップをはじめてください。

お肌にしっかりと馴染むまで2~3分かかります。

その間歯磨きやヘアセット等をしていれば朝の忙しい時間でも大丈夫!

img_howto06
img_howto07